2022年06月13日

鉄骨造のルート1の計算は、標準せん断力係数0.3

鉄骨造のルート1の計算は、標準せん断力係数0.3で計算している。
つまり、標準の1.5倍の地震力で計算している。簡単だけど、無駄な計算と思いませんか。
ブレース構造でルート2ならβ割増し1.5を考慮するから同じことになるが、ラーメンでも水平力を1.5倍にしている。
これを承知しているなら、ラーメン構造ならルート3でしょう。
ルート1の条件に合うからと言って、ルート1で計算することはない。
posted by TASS設計室 at 14:12| 構造設計

2x4工法6階建て

木造の評定の準備を行っており、関連する資料を検索していた。
2x4工法は、高さ方向に沈み込むので、タイロッドの増し締めを行うが、そこまで考える必要があるか考えていた。事務所ビルのように、中央のコアに耐震要素を固め、外周はカーテンウォールという設計もある。
中層の木造は、これではないだろうか。
そこで階高方向の縮みが、どこまで影響するか見極めたい。

ダンパーに関して、剛性の低い木造建築でダンパーの効果は、どれほどのものだろう。3%程度と聞いているが、その程度では実感として分からない。保有水平耐力の余裕分くらいのものだ。

https://www.bcj.or.jp/db/gene/matter1/page/2/?m1cat=29

https://www.cofi.or.jp/sites/default/files/market-access/files/tubaihuogong_fa_niyoruzhong_ceng_jian_zhu_wu_woke_neng_nisurugou_zao_sisutemuniguan_surukao_cha_.pdf
posted by TASS設計室 at 09:42| 2x4工法

2022年06月12日

鉄骨造4階と木造4階、どちらが自由度が高いか

鉄骨造4階と木造4階、どちらが自由度が高い設計が可能か。
平面的に斜め軸が有ったり、吹抜があり建物が2分されることもある。
外部鉄骨階段が付く場合もある。
狭小地の4階建ては、塔状比が4を超えることや、浮上りが生ずることもある。
僕は木造の塔状比は2.5を限界と考えている。建物の重心位置での塔状比である。
短辺方向のスパン 4.55mで高さ11.375mである。ここで言う高さは一次固有周期計算用の高さである。
剛床が成り立たない場合は、独立水平変位を設定して計算する。こんな時S造は柔軟に計算できる。
軸組工法4階建てを好んで設計する人がいるが、条件によってはルート2で計算できるという利点がある。
軽量鉄骨造が比較に出てくるが、鉛直ブレースの配置が適切で、1階から3階まで柱を通すことができ、鉄骨建て方が一気に3階まで可能なら軽量鉄骨造もよい。丘立ちの柱が少ないことが条件となる。2階建てなら柱通しにすることが定石だ。基礎は布基礎で、部分的な浮上りを許容する。
@2x4工法【ルート3】
A軸組工法【ルート2またはルート3】
B軽量鉄骨造(建て方を考えると3階建てまでが妥当)【ルート1】
C鉄骨造【ルート3】
D壁式鉄筋コンクリート(WRC)造【ルート1】
E混構造(1階WRC、2〜4階2x4工法)【ルート3】
posted by TASS設計室 at 19:40| 構造設計

2022年06月11日

小規模鉄骨造はルート3に限る

小規模鉄骨造はルート3で計算するに限る。
構造設計一級建築士の関与が必要だが、構造設計一級建築士の資格を持たなくても、誰かにハンコを押してもらえば済むことである。木造専業でRC造やS造の保有水平耐力計算に慣れていない人でも、構造設計一級建築士の試験に合格している。
二次部材の計算書や図面は作成することができるだろうから、架構の計算のうち、保有水平耐力計算の部分だけをチェックしてもらえば済むのではないか。審査機関や適判からの質疑応答も含み、出来る人に頼めば済む。
保有水平耐力が出ないという相談を受けるが、基礎梁の終局耐力が不足し、基礎梁にヒンジができていることが殆どであった。
posted by TASS設計室 at 10:44| 構造設計

1件1葉

一品一葉図面とは、ひとつの部品または組立て品の図面を作成するときに、1枚の製図用紙に描き切った図面のことをいうが、図面以外でも1件1葉の表現にしてファイリングしていたことを想い出した。
大きな現場で複数の人が資料を参照する際に便利だった。
未解決の疑問点は、関連資料を加え、こんな方法でファイリングする。
「建築構造問題快答集」もそのようなものを集めたものである。
posted by TASS設計室 at 10:20| 構造設計

木造4階が普及しない理由

木造4階が普及しない理由は、意匠設計者が設計しているからである。
構造設計者が法規に強くなり、基本計画を行うほうが効率の良い計画ができる。
多くの木造専業の設計者は、2階建てかせいぜい3階建ての設計を行っており、中層建築の設計の経験がない。
基本計画の図面で、木造3階建てを、そのまま4階にした図面が送られてくる。
杭基礎になると、全く手が出ない。杭頭モーメントを基礎梁で処理する支持杭のことである。
杭と言えば地盤改良と思っている人がいる。見たことがなければ設計できない。
混構造を含み、5階建てまでの設計を経験すると応用範囲が広くなる。斜面地の建物は必然的に最下層がRC造あるいはWRC造となる。
建設コストを考えると、上部の木造は2x4工法になり、下部は大きなピロティがない限りWRC造がバランスがよい。
ピロティがあっても、ピロティの外側に耐震壁が配置できればWRC造も可能になる。
posted by TASS設計室 at 09:23| 木造の構造計算

2022年06月10日

告示1540号の拡大解釈

告示1540号の拡大解釈を書面にしている。
書いてみると、拡大解釈の余地があることが分かる。極論すると2x4工法の規格の木材を使い、合板を釘で打てば2x4工法になる。建築学会の木構造設計規準に適合しないところがあるので、強引にでも告示1540号に適合させる。
許容応力度計算に加え保有水平耐力計算を行う。
どのプログラムを使うか試算して比較しているが、最終的にはエクセルでまとめることになりそうだ。
posted by TASS設計室 at 21:49| 2x4工法

2022年06月09日

特定緩勾配屋根

特定緩勾配屋根
・多雪区域以外の区域にある建築物(垂直積雪量が15cm以上の区域に限る)
・以下の屋根を有する建築物
・大スパン(棟から軒までの長さが10m以上)
・緩勾配(15度以下)
・屋根重量が軽い(屋根版が鉄筋コンクリート造又は鉄骨鉄筋コンクリート造でないもの)
うっかりすると、チェック漏れになる。
気にしていなかったが、木造の構造計算プログラムで対応していたか確認する。
posted by TASS設計室 at 16:38| 構造設計

小梁の逆梁

小梁を逆梁にすると、構造計算の見直しになり、計画変更になると思っている人がいた。
構造計算という言葉は知っているようだが、「何を」「どのように」計算しているか理解できないようだ。
固定荷重にしても、梁がスラブ下に出っ張るか、スラブ上に出っ張るかの違いである。中途半端な逆梁でも同様だ。ここまで思考力が低下しているとは思いもつかなかった。
ラーメン架構での逆梁は剛域が変わる。
posted by TASS設計室 at 11:03| 閑話休題

2022年06月07日

木造のビルに注目している人がいる

木造のビルに注目している人がいる。
木造のほうが安いと思っているようだが、実際はそうでもない。
多くの場合、狭小地の建物で、3階建てでは満足な面積がとれないので4階にするのである。
そこで、木造ラーメンを考える人がいる。
木造住宅専業の設計者に設計を相談するから無理やり木造で設計しようとする。
柔軟に考え、初期段階から鉄骨造を視野に入れて比較するほうが良いのではないか。
posted by TASS設計室 at 23:26| 閑話休題