2022年04月12日

非住宅木造が助成対象

事務所や店舗の計画なら適用できる。
しかし、こんな助成がなくても、鉄骨造と比較してメリットがあれば木造は普及する。
設計者や施工者の技量を考えれば、耐火構造ではない3階建てまでだ。
無理して耐火構造や4階建て以上に手を出すこともない。RC造・WRC造・S造にすることだ。
耐震壁付きラーメンや壁式鉄筋コンクリート造ならルート1の計算が可能なので、木造専業の設計者が行う次の構造形式に適している。
RC造・WRC造なら鉄骨造ほどディテールは複雑ではない。

【補助金情報】令和4年度JAS構造材個別実証支援事業
本年度もJAS構造材個別実証支援事業助成金の公募が開始されました
一次募集:4月11日(月)より
【POINT】
構造部材に指定されたJAS構造材を利用した非住宅木造が助成対象
JAS構造材の使用量(m3)×66,000円の助成額
助成上限額は1,500万円または3,000万円
※諸条件あり
上限額は床面積や階数による
長屋・共同住宅は1事業者当たり5件まで
【申請スケジュール】
事業申請締切:2022年5月25日(木)17時必着
交付申請締切:2022年9月30日(金)19時必着
※予算に達し次第締め切り
posted by TASS設計室 at 08:15| 日記

2022年04月09日

現用の構造計算プログラム 2022年4月

現用の構造計算プログラム 2022年4月
■ 一貫計算
(01) BUS-6【RC/SRC/S 一貫計算】(構造システム)
(02) BUS-基礎【同上 基礎・杭の計算、液状化の検討】(構造システム)
(03) HOUSE-WL【WRC 一貫計算、保有水平耐力含まず】(構造システム)
(04) 壁麻呂【平均せん断力法による応力計算】(東京デンコー)
(05) NBUS7【BUS-6の後継プログラム】(構造システム)
(06) SS-3(ユニオンシステム)
■ 耐震診断
(07) DOC-RC/SRC【RC/SRC 耐震診断】(構造システム)
(08) DOC-S【S 耐震診断】(構造システム)
(09) DOC-3次診断(構造システム)
(10) 壁式診断【WRC 耐震診断】(東京デンコー)
■応力解析、振動解析
(11) DAP【質点系地震応答解析】(構造システム)
(12) FAP-3【任意形状立体骨組応力解析】(構造システム)
(13) SuperBuild FEM【FEM解析】(ユニオンシステム)
(14) SPACE(フリーソフト、研究用)(名城大学村田研究室)http://wwwra.meijo-u.ac.jp/labs/ra007/space/index.htm
(15) midas iGen
■ 二次部材、断面計算
(16) MED-3【RC/SRC/S造および木造の断面計算】(構造システム)
(17) KT-SUB【RC・S 二次部材、梁の横補剛の計算】(構造システム)
(18) 木造トラスの計算(東京デンコー)
■ 木造
(19) HOUSE-ST1【木造軸組工法】(構造システム)
(20) 2X4壁式3【2X4 一貫計算、保有水平耐力、基礎】(東京デンコー)
(21) HOUSE-DOC【木造 耐震診断】(構造システム)
■ 地盤、擁壁、その他(EXCELのシェアウェア)
(22) 擁壁の構造計算(横浜市型)
(23) 小規模建築用地耐力および液状化の検討
(24) 梁のスリーブ開口補強の計算
※ kizukuri、kizukuri-2x4は使用中止。

posted by TASS設計室 at 09:02| 日記

2020年09月07日

ネットワークの故障で固定電話が使えない

ネットワークの故障で固定電話が使えない状態です。
ご連絡はメールか携帯電話にお願いいたします。
酒井 TASS設計室
posted by TASS設計室 at 16:44| 日記

2020年02月05日

中抜けの地層

スクリューパイルの試験杭に立ち会ってきた。
中抜けのある地層で、ボーリング調査通り中抜けがあることを確認できた。中抜けの深度になると一気にオーガーのトルクが下がり、再び支持層に到達しトルク値が大きくなった。地層の構成から中抜けの範囲は、狭い範囲に集中しているが、中抜けの有無を確認するには、その深度の層を突き抜けなければならない。

以前設計した工場の場合、支持層として想定した中間層の層厚が大きく変化したり、無くなったりして判断が難しかったので、支持杭を諦め、ATTコラムを採用した。鉄骨造2階建ての工場のため、軸力はATTコラムで対応できるものだった。

いずれの場合も、中抜けの地層の判断は難しい。
皆さんは、中抜けの地層の場合、どのように監理されていますか。
posted by TASS設計室 at 22:11| 日記

2019年06月13日

JSCAから講習会の案内が届いた(災害に強い街づくりを知る1)

災害に強い街づくりを知る1.pdf

プレストレスト・コンクリート造(PC造)は、鉄筋コンクリート造(RC造)や鉄骨造(S造)の 設計法にとらわれずに、まったく新しい考え方を取り入れた構造

この考え方を、木造など、他の構造に応用できないだろうか。
posted by TASS設計室 at 13:09| 日記

2019年05月17日

建築の基本はRC造とS造

建築の基本はRC造とS造である。
木造専業の設計者は、木造の構造設計を行う前に、RC造とS造の構造設計を経験することが必要だ。そこには多くの知見が含まれている。
posted by TASS設計室 at 13:47| 日記

2019年04月21日

構造計算プログラムを使い込む

使い込む必要のあるプログラムが何本かある。
・2x4壁式3
・midas eGen
・midas iGen
・FAP-3
・MED-3
「midas」と「2x4壁式3」は、近くにいるユーザーと情報交換したい。
「midas」は、時々講習会の案内が来るが、出席できないことが多い。
「2x4壁式3」は、プログラムを持っている人を数人知っているが、使っていない人がほとんどのようだ。
話し相手は、プログラムの開発者と適判や評定の審査担当者しかいない。
posted by TASS設計室 at 18:49| 日記

2018年06月28日

構造計算適合性判定(適判)制度がそろそろ見直されそうです

構造計算適合性判定(適判)制度がそろそろ見直されそうです
http://www.kenkihou.com/news-tekihan-minaosi#i-9

いつになっても定年間際の構造設計のベテランたちをリクルートし続けなくてはなりません。
posted by TASS設計室 at 09:54| 日記

2018年05月20日

意匠設計図がしっかりしていれば......

大手設計事務所で海外の建築を設計している人に聞いたが、構造設計者が中心になり、設計が進められると言う。構造体を決め、そこに仕上げを施すという設計手順だそうだ。
日本でも、先に構造設計を決めてしまい、構造図を見ながら意匠図を作成するよう指示することがある。
今、ファジーなCADデータを下書きにして、寸法を決めるためにCADで図面を作成しながら、構造計算データを入力している。
意匠設計図がしっかりして入れば、三次元のDXF形式のデータを読み込んで、構造計算のデータを作成することができる。節点の座標が求まれば、点と線の解析データが出来上がる。
建築の設計は、三次元の幾何学だから、立体座標を決めることが基本だ。デザインは数値化して初めて設計図になる。暫定的でも良いから、数値を入れていただくとありがたい。
posted by TASS設計室 at 22:36| 日記

2018年05月03日

今日から連休後半

今日から連休後半、休み休み仕事する。
建築業界以外から、建築物以外の構造設計の需要がある。
そのような業務に対応できるのは、建築構造技術者が適している。
土木にも構造設計者がいるが、建築のほうがバリエーションが広いので、応用範囲が広い。

posted by TASS設計室 at 10:49| 日記

2018年04月16日

実務では縁がない設計

4/20(金曜)JSCA神奈川の全員集会で、下記の講演が行われる。
基調講演:東京工業大学 竹内徹 教授による
「エネルギー吸収部材を用いた構造デザインの可能性
心棒構造のデザインと応答制御」

難しい設計で、実務では縁がないと思うが、参加する。
久しぶりに会う人がいる。

posted by TASS設計室 at 14:42| 日記

2018年04月15日

大規模木造のメリット

大規模木造のメリットは何だろう。
比重はコンクリートの3分の1だが、単位体積あたりのコストは20倍である。
プレファブやPCa(プレキャストコンクリート)の技術の延長線上にあり、RC造やS造を混用することは避けられない。
posted by TASS設計室 at 11:51| 日記

2018年03月13日

大事なのは読む力

posted by TASS設計室 at 18:45| 日記

2018年03月12日

浮き上がりを生ずる建築物の 構造設計法に関する検討調査

浮き上がりを生ずる建築物の 構造設計法に関する検討調査
http://www.mlit.go.jp/common/001037167.pdf
posted by TASS設計室 at 14:13| 日記

2018年03月01日

10人はいると思ったら、5人だった

特殊な2x4工法の構造設計を行っているのは、10人くらいいると思ったら、実働5人らしい。
あるメーカーの営業担当から聞いた話しだが、スチールハウスにも関与している会社にも、共通の知人がいた。
様々な特殊工法の設計に対応する組織的な事務所があるが、そこは除き、個人の事務所の話しである。
2x4工法の構造計算プログラムも、RC/SRC/S造の一貫計算プログラムのレベルに達すれば、少しは仕事がしやすくなる。しかし、それを開発元に求めることは酷である。バージョンアップしても、何十本売れるか分からない。
一貫計算の連携プログラムとして、サードパーティーのプログラムとデータの受け渡しができたらよい。現在はCSV形式ではき出すことはできても、双方向の受け渡しはできない。
posted by TASS設計室 at 15:48| 日記

2018年02月27日

だったら こうしてみたら

「どうせ無理」ではなく「だったら こうしてみたら」
https://www.youtube.com/watch?v=gBumdOWWMhY
posted by TASS設計室 at 13:20| 日記

2018年02月09日

70階建て「木造」ビル構想

96958A9F889DE0E4E4EBE1EAEAE2E2EAE2E0E0E2E3EA8698E3E2E2E2-DSXMZO2671530008022018TI1001-PB1-1.jpg

住友林業、70階建て「木造」ビル構想 東京・丸の内での建設を想定
すごいですね。
その前に7階建てを建てましょう。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26693880Y8A200C1TJ1000/
posted by TASS設計室 at 00:02| 日記

2018年01月26日

保有耐力計算は万能か

保有耐力計算は万能だろうか、疑問が出てきた。
それしかないから、保有耐力計算を行っている。鉄骨造は素直に納まるが、その他の構造が難しい。
1GあるいはDsの最大値の水平力で各部材が短期許容応力度以内になれば、一次設計だけで済ませることができる。外力として用いるAi分布は、固有値を求めて精算する方向に向かう。
それよりも、地震波を入れて短期許容応力度以内にする設計は、理にかなっている。こちらのほうが分かりやすい。時刻歴応答解析は、超高層だけのものではない。
posted by TASS設計室 at 08:39| 日記

2018年01月01日

謹賀新年

謹賀新年
今年もよろしくお願いいたします
posted by TASS設計室 at 12:04| 日記