2011年06月14日

HPの写真の説明

HPの写真の説明です。
http://www.tass2x4.com/index.php

【表紙の写真】ミャンマー中部のインレー湖に浮かぶホテル
Golden Island Cottage のバンガロー
私の好きな場所である。

【各種料金の写真 上から】
・ヤンゴンインターナショナルホテル
映画「血の絆」を制作するきっかけをつくった小野寺さんが経営するホテルで、
4階から上は国連が事務所として使っている。
屋上にはオーナー用の露天風呂があり、そこから見るシュウェダゴンパゴダは絶景である。
雨の日に、ホテルの従業員に傘をさしてもらい、小野寺さんと風呂で話しをしていた。
http://www.jhc.jp/resv/h/h_inf02.php?jhcno=105959
http://www.imamiya.jp/asian/myanmar/sywedagon.htm
小野寺紘毅氏は、ミャンマーから帰りの飛行機で隣り合わせたことがきっかけで、知り合った人である。
映画「血の絆」
http://www.jade.dti.ne.jp/~courban/thway/thw11pub/thw10100301.htm
http://www.jade.dti.ne.jp/~courban/thway/
主演女優の池田美冬さん(芸名 麻生あかり)がミャンマー語を習っていた先生と同じ先生に、
私もミャンマー語を習っていた。
http://jmcc.fc2web.com/
http://jmcc.fc2web.com/birumago.html

・Grand Mee Ya Hta Hotel(グランド・ミ・ヤ・ター)
http://www.grandmeeyahta.com/
Ya Hta(ヤ・ター) というのは汽車という意味で、鉄道省の跡地に建つホテルである。
私のミャンマー語の先生の叔父が設計したホテルで、最上階の客室はメゾネットになっており、
友人たちを呼んで、皆でイタリア料理をつくったこともある。
キッチンの付いた、長期滞在型のホテルである。
向かい側には Traders Hotel がある。
http://www.shangri-la.com/en/property/yangon/traders

・初台の賃貸マンション(これだけは日本)
WRC造5階建ての賃貸マンションである。
私が設計したWRC造の中では最大規模で、構造計算ルートはルート3である。
中低層の共同住宅はWRCが適している。
高さが高くなると、壁式ラーメンで計画することも考えられる。

【お申込み方法の写真 上から】
・ミャンマーの友人の友人たち
全員が英語を話し、半数は日本語が話せる。
日系の会社に勤めたり、日本語のガイドをやっている人もいる。

・お寺の托鉢の状況
僧院で、多いときは800〜1,000人の僧侶に食事の布施をしたことがある。
海老のチリソースや、アイスクリームなどを含んでも 1,000ドルをやや超える程度で間に合う。
見ず知らずの若い僧侶から、「今日のランチは美味しかった」と言われたことがある。
posted by TASS設計室 at 22:26| 重要

2010年11月19日

断言できることは断言する

話しを聞いていて相手が良く理解できていないことに気づくことがある。
物事を細かく分け、断言できる部分は断言し、実感として理解すると良い。

仏教では『五力』(ごりき)という生き方に関する考え方がある。
2009年5月10日にも書いた。

五力【ごりき】
パーリ語で言うと、
・サッダー(確信、confidence)
・サティ(事実を事実として観る)
・リリエ(精進、とにかく、やってみる)
・サマーディ(集中力)
・パンニャー(智慧、wisdom)
の5つである。

サッダーを信仰と訳している本もあるが、それは誤りである。
偉い先生が仰ったのだから信じましょうというのは、科学的ではない。
あるものを見たら、実感として理解することである。
confidence と訳すことが適切と考える。

サティというのは、事実を事実として観ることであり、自分自身の心も客観的に観るのである。

リリエとは精進である。
何もやらないで出来ませんというのは、精進がない。
とにかく、やってみる。

サマーディは集中力である。

パンニャーは智慧と訳すが、上記の4つのことを行えば、結果として智慧が生まれるということである。

上座部仏教(原始仏教)は、仏教というよりも心理学に近いものと考えている。
アビダルマという仏教心理学もあり、心の法則を分類整理したものである。

早朝にこんなことを書くと、ミャンマーで僧侶になったときのことを思い出す。
僧侶の生活も良いものである。
posted by TASS設計室 at 04:45| 重要

2010年09月24日

インターネットで注文できるコピー屋さん【再】

インターネットで注文できるコピー屋さんがある。
うちの事務所の近くなので、私が原図を持参し、
A1サイズのコピーや設計図の製本を依頼している。
良心的な値段のコピー屋さんである。
http://www.totalcopy-nishinaka.co.jp/index.html

その会社はインターネットで注文を受け、宅配で送ってくれる。
昔のコピー屋さんは原図を取りに来たが、今はインターネットと宅配で仕事している。
全国から注文を受けているそうである。
コピー屋さんの仕事のやり方も変化している。
posted by TASS設計室 at 17:49| 重要

2010年04月28日

樹木・大地・地震 植物生理学と地球物理学の 学際序説

樹木・大地・地震 植物生理学と地球物理学の学際序説

東京女子大の鳥山英雄名誉教授が書かれ、2008年に出版された本である。
この本では、植物生理学と地球物理学が地震予知という観点で解説されている。
建築構造技術者も読んだら良い本である。

私は1980年代の後半、鳥山先生の研究室にお邪魔したことがあり、
うちでもネムノキの生体電位を測定していた。

土壌の成分の中に石英が含まれる。石英は水晶と同様に、力学的な圧力が加わると電流が発生する。それをピエゾ効果という。
力学に親しんでいる我々にとって苦手な電磁気学の世界に引き込まれる。
次第に地震と地電流の関係が明らかになる。

この本は資料も豊富で、基礎的な勉強ができる。
是非、ご一読ください。
posted by TASS設計室 at 18:37| 重要

2009年12月25日

経済学の部屋

http://www.ne.jp/asahi/british/pub/econ/index.html
『経済学の部屋』は如何?

私も読ませていただいている。
『僕的論文の書き方』は、知っておくと良い。
分野を問わず応用可能なテクニックである。
posted by TASS設計室 at 22:45| 重要

2009年06月07日

答えが見つかるまで考え抜く技術

駿台予備校講師 表三郎著 『答えが見つかるまで考え抜く技術』
より

『何か違和感や疑問を感じたということは、そこに考えるべき問題が存在するということだからだ。』

『何も疑わない人に、何かを考え抜くことはできないのだ。』

『人間は、使える言葉がたくさんあればあるほど、複雑な思考が可能になる。』

『クリエイティブな発想は、ルールを壊し、ルールを乗り越え、みずから新しいルールをつくっていくことから生まれるからである。』

『ルールの抜け道を見抜ける人になれるかどうか。これができる人こそ、じつは発想力が豊かな本物なのだ。』

違反建築を勧めているのではありませんよ。
続きは本を買って読んでください。
posted by TASS設計室 at 18:52| 重要

2009年06月06日

chat 感覚で E-mail を利用する

chat 感覚で E-mail を利用することに慣れてほしいものです。
メールは留守番電話の代わりです。

メールを書く際に、構えてしまう人がいるようです。
要件を手短に表現するだけで良いのですが、難しいのでしょうか。

電話で話す必要があれば、その旨、メールに記述していただきます。
posted by TASS設計室 at 18:21| 重要

2009年05月09日

答えが見つかるまで考え抜く技術

駿台予備校講師 表三郎著 『答えが見つかるまで考え抜く技術』
より

『何か違和感や疑問を感じたということは、そこに考えるべき問題が存在するということだからだ。』

『何も疑わない人に、何かを考え抜くことはできないのだ。』

『人間は、使える言葉がたくさんあればあるほど、複雑な思考が可能になる。』

『クリエイティブな発想は、ルールを壊し、ルールを乗り越え、みずから新しいルールをつくっていくことから生まれるからである。』

『ルールの抜け道を見抜ける人になれるかどうか。これができる人こそ、じつは発想力が豊かな本物なのだ。』

違反建築を勧めているのではありませんよ。
続きは本を買って読んでください。

有限会社TASS設計室
http://www.tass2x4.com/
posted by TASS設計室 at 13:44| 重要

2009年04月12日

構造設計標準仕様書(木造用 A4出力)

構造設計標準仕様書(木造用 A4出力)で、使いやすいものがある。
神奈川県建築安全協会のHPからダウンロードできる。
http://www.kak.or.jp/

建築確認検査業務 → 様式ダウンロード と進む。
書き方の例も載っている。

有限会社TASS設計室
http://www.tass2x4.com/

posted by TASS設計室 at 12:26| 重要