2010年07月19日

来週は一級建築士の試験

来週は一級建築士の試験。
建築を志せば、一度は受ける試験である。
大学の建築学科を卒業しても、専門学校に通って受ける人も多い。

木造の構造設計者も、かなりの人が構造設計一級建築士の考査を受けている。
構造一級も、専門学校の講座で勉強する時代になった。

専門学校のテキストを見ると、必要最小限のことが書かれており無駄がない。
無駄がないから学びにくいことに気づいてほしい。
それらのテキストは、基礎を学んだ後の『おさらい』に使うものである。

大学の授業のように、専門書を何冊も抱えて勉強するほうが身につく。
アンダーラインを引いたり書き込みを行い、手垢の付いた本を手にして学ぶのである。

韓国では、1977年の建築士法改正で、二級建築士が廃止されたが、
日本の場合は、木造建築士が創設された。

http://www.youtube.com/watch?v=X44gOQzJOKw

こっちのほうが現実的
http://www.youtube.com/watch?v=vsmam4anbJw
posted by TASS設計室 at 11:28| 建築士