2024年02月12日

偏心率0.3では基準が甘い

能登半島の地震で、木造2階建ての被害が多かったようだが、基準が甘いからだろう。「ねじれ」で壊れている建物が多いと思う。偏心率0.3以下ではなく、0.15以下にすることで、相当数が救えると考える。
posted by TASS設計室 at 15:36| 木造の構造計算