2024年02月09日

図面は少なく

図面の密度を上げ、枚数を少なくする。
一瞥して全体像をつかむことが出来る人は少ないので、要点に注目してもらえるよう枠で囲うとか、矢印を付ける。平面図は断面図とセットで見るが、どの断面図を見るか平面図に書く。
色鉛筆で着色しながら見るよう指示したら理解が深まった。言われなくてもやるものだが、温い(ぬるい)人がいる。確認申請とは縁のないところで、自由に施工している人たちの仕事ぶりが分った。
posted by TASS設計室 at 13:43| 閑話休題