2022年12月22日

設計者の判断により・・・・・・

木造の設計者は判断しないらしい。倍率の計算から抜け出していないのだから、そんなものだろう。
いちいち設計者の判断により、なんて書くのは、木造の業界の本に多く見られる。
グレー本の P.210 にも、そんなことが書かれている。
だから設計者として判断して設計するのである。
国の補助金で研究し、建築研究所が監修したにもかかわらず、足を引っ張るようなことは書かなければよい。
自信がないなら書かなければよい。

面材の壁を両面貼ることがあるが、両面の剛性を加算して良いかという質問を受けたので、足し合わせればよいと答えた。そうしたら、どこに書いてあるのか、誰が良いと言ったのかと質問されたので、『ニュートンが言っている』と答えた。並列バネですよ。

posted by TASS設計室 at 09:17| 木造の構造計算