2022年09月03日

頭が当たる階段

時々、頭が当たる階段の図面が送られてくる。ちょっと低いどころか、完全に当たるのである。断面図を作成しなくても分かるものだが、横着せずに断面図を描いてみることだ。階段の下を利用する際も同様である。
posted by TASS設計室 at 17:34| 木造住宅