2020年01月25日

2x4壁式3は、地上7階建ての2x4工法

2x4壁式3は、地上7階建ての2x4工法の計算が出来るが、3階建ての延長でしかない。
構造計算指針の内容が変わり映えしないので仕方ないことだと思うが、気になっていることがある。
@保有水平耐力計算で、崩壊形を判断するための計算を行っていない。梁の上に耐力壁が載る場合、梁が先行破壊しないよう、短期許容応力度以内に納めていると思うが、終局時の崩壊形を求めるほうが良い。
AWRCに2x4工法が載る場合、RCの梁を含め、終局時の計算が出来たら良い。
Bタイロッドを用いる場合、スタッドの反力計算は出来るらしいが、その機能は利用したことがない。
C壁の短期荷重時の軸方向変形の計算が出来たら良い。連層耐震壁の場合、全体で曲げ変形になることがある。
DRCの梁に耐力壁が載る場合、壁端部の軸力に対して梁の検討ができたら良い。
E杭の計算で、杭頭曲げを基礎梁に戻す計算ができたらよい。
Fフーチングの計算が出来ないだろうか。
G壁端部のスタッドに、404や406を加えることができないか。
posted by TASS設計室 at 01:27| 2x4工法