2019年07月01日

建築基準法の一部改正

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/build/jutakukentiku_house_tk_000097.html
建築基準法の一部を改正する法律(平成30年法律第67号)
@防火地域・準防火地域※1において延焼防止性能の高い建築物の建ぺい率※2制限を10%緩和
A戸建住宅等(延べ面積200u未満かつ3階建て以下)を他の用途とする場合に、在館者が迅速に避難できる措置を講じることを前提に、耐火建築物等とすることを不要とする
B耐火構造等とすべき木造建築物の対象の見直し(高さ13m・軒高9m超 →高さ16m超・階数4 以上)
これらの改正は、木造建築に有利である。
ところが、木造専業の建築士は、構造設計一級建築士を持っていない人が大半で、4階建ての構造設計ができない。建築士法の改正があるかもしれない。
posted by TASS設計室 at 09:41| 建築士