2019年06月02日

壁倍率はやめよう

壁倍率という考え方はやめようではないか。床倍率も同様にやめよう。
剛性と耐力で計算するほうが分かりやすい。
1P(1ピッチ=910mm)あたりの耐力というのも煩わしい。
posted by TASS設計室 at 13:43| 木造の構造計算