2018年09月10日

構造計画は無理しないこと

構造計画は無理しないことである。
うちは、2階にLDKがあり、吹き抜けの左右で建物が分かれているが、軒天や天井面、廊下で水平構面を形成している。
水平構面の耐力が不足する場合は、天井面にも合板を貼るなど、水平構面の耐力を上げることを考える。
地下室を設ける場合、天井面を木造にしたがる人がいるが、壁式鉄筋コンクリート造とするので、地下室の天井面はRCのスラブにすべきだろう。3層の建物になるからである。


posted by TASS設計室 at 01:55| 木造の構造計算