2018年06月21日

図法幾何

三次元のCADが使われるようになり、図法幾何を使う人は少なくなってきたようだ。
しかし、固定法の計算と同様に、訓練しておいたほうが良い。
南北傾斜30度、東西傾斜15度の屋根面に垂直な風力を求めさせられた。空間ベクトルで計算する方法もあるが、図法幾何で解くほうが感覚的に分かりやすい。


posted by TASS設計室 at 23:55| 構造設計