2018年04月22日

保有耐力計算と耐震診断

RC造の保有耐力計算と耐震診断を日常的に行うと、応用範囲が広がる。
木造(2x4工法、スチールハウスを含む)専業の構造設計者の多くは、使っている構造計算プログラムが古いので、精密な計算には適さない。
その割りに、構造計算指針に紹介されている計算例は、難しいものが載っている。しかし、その詳細は記述されず、再現することは難しい。合板の耐力壁を、どのようにブレース置換するか、計算過程も示してもらいたい。
水平構面の計算でも、開口の縁の応力を考慮して計算されていると思うが、数値を追いかけきれないところがある。その理由は、簡易な計算に慣れ親しんでいる人がほとんどであり、詳しく追及する人が少ないことにある。それに加え、木造の業界はハウスメーカーが主体なので、互いにけん制しあい、情報交換を行わないことにある。
素人向けの宣伝では、いかにも素晴らしい構造だと言わんばかりのものを見かけるが、外力に対する安全率を高めれば、どのような構造体でも実現する。

木造の構造計算プログラムの作り直しが必要である。
軸組工法なら、BUS-6 や SS-7 に木造のオプション機能を追加することもできると思う。BUS-6は軽量鉄骨造にも対応しているので、木造の機能を追加することは容易だろう。立体解析を行い、軸方向の変形にも対応した計算を行うことができると、木造の高層建築に対応可能になる。SS-3 では、CSV形式のデータを使って、他社のプログラムと連携しているものがあることを聞いた。

2x4工法やスチールハウスは、壁式鉄筋コンクリート造を参考にして計算しているが、私は壁式ラーメンに注目している。紫色の厚い本を眺めている。

posted by TASS設計室 at 10:30| 構造設計