2018年04月16日

マットスラブの基礎

マットスラブの基礎が使えるようになると、設計や施工の自由度が増す。
フラットスラブを上下逆にしたものも考えられ、それは設計の経験がある。
仕様規定によると、基礎梁がなくてはならないので、厚いスラブを設けても、梁が必要になる。しかし、十分な厚さのスラブなら、基礎梁は不要である。壁式鉄筋コンクリート造でも、開口部の上部に梁があれば、壁と床が接する部分全てに梁がなくても良い。
合理化できるところは合理化してみるのも良いのではないだろうか。
posted by TASS設計室 at 23:52| 構造設計