2018年04月16日

枠組足場のような構造

枠組足場のような構造に取り組んでいる。
軽量鉄骨造よりも更に軽量化し、極限まで部材を細くする。
昔、間伐材を利用した75角の柱の2階建て住宅の試設計を行ったことがある。
木造でもトラスを用いたり、柱もトラス(ラチス)構造とすることもある。
大空間をローコストで実現することを考えるが、最後は基礎の設計がコストダウンの対象になる。
基礎梁をやめて、マットスラブの基礎とすることも考えられるが、仕様規定を満たさないので、法規上の裏付けが必要になる。そういえば、新築でも使える後施工アンカーがあることを知った。詳しく調べたい。
使用目的を限定すれば、十分な強度があるにもかかわらず、マットスラブや後施工アンカーが使えないことを何とかしたい。

posted by TASS設計室 at 22:46| 構造設計