2018年04月05日

小難しい計算が好きな人がいる

RC+木造の混構造で、地震力を限界耐力計算で求めている大手の会社がある。
普通にAi分布を求めて、作用する地震力を求めたら、大した差がなかった。
このケースでは、3階は限界耐力計算 91.6kN に対して Ai分布では 84.1kN、2階は 153.3kN に対して 148.1kN になった。
誰がコンサルティングを行っているか分かっているが、小難しい計算を行わず、普通にAi分布を求めたほうが良いと思う。しかし、Ai分布では層重量と一次固有周期だけで計算しており、建物の剛性は考慮されないので、より詳しく計算したいなら、固有値解析を行い、Ai分布を精算したほうが良いと考える。
久しぶりに、限界耐力計算にお目にかかった。

posted by TASS設計室 at 10:29| 木造の構造計算