2018年03月02日

CLT構造とスチールハウス

CLT構造とスチールハウスが関連があるということではない。
どちらも、構造計算指針が良く分からないことが共通している。
CLTは、プレキャストコンクリート造の計算要領と同様に計算し、壁端部の金物の設計を行えば良いと考えている。ところが、指針は難しすぎて、見る気がしない。
スチールハウスは、鉄骨造に分類されるが、枠組壁工法に統一しても良いのではないかと思う。どうみても、鉄骨造とは言い難い。
しかし、両者共に、興味深い構造である。
CLTを使うのは、普通の建物ではもったいない。特殊な形状を面で構成したら良い。デザイナーがチャレンジするかもしれない。あるいは、耐震補強に使うこともできる。軽量で面のせん断耐力が高いことに利用価値がある。
スチールハウスは、重量鉄骨との組合せを考えたい。
posted by TASS設計室 at 21:00| 閑話休題