2018年02月01日

小梁と大梁の区別

小梁と大梁は積載荷重が異なる。小梁は床用の積載荷重とするが、小梁と大梁を区別せず、全てを大梁として計算することもある。混構造の下部構造を計算する場合、上部の短期荷重を考慮するには、大梁として計算するほうが、一貫計算プログラムを使う場合に適している。上部架構を受ける梁だから、大梁として計算してしまう。

小梁の積載荷重を、床用の積載荷重と架構用の積載荷重の平均とする場合もあるが、僕は今のところ採用したことがない。
posted by TASS設計室 at 01:01| 構造設計