2017年10月16日

静岡県の壁量計算1.32倍

平成29年10月1日から静岡県地域係数 Zs=1.2 が義務化される。
木造(在来工法、枠組壁工法)の壁量計算においては、必要壁量を 1.32倍とする。
1.32倍とは、地域係数 Zs=1.2 に、真の耐震性能のばらつきによる倍率 1.1 を乗じたもの。
posted by TASS設計室 at 12:27| 木造の構造計算