2017年10月05日

初めての鉄骨造

「初めての鉄骨造」という参考書があっても良い。
建築知識のバックナンバーを探すと、特集にあるかもしれない。
昔、木造専業の設計者がRC造とS造を計算したいというので、構造システムのBUSの低層版を勧めたが、彼はより安価なプログラムを購入した。使いにくかったと思う。
使いやすさから言うと、SS−3(SS−7)、BUS−6だろう。

最近耳にするのは、木造専業の構造設計者が混構造に興味を示し、RC造やS造との混構造の計算を行いたいという。分離して計算するのは難しそうなので、一体化して計算できるプログラムが必要だ。
東京デンコーの「2X4壁式」なら、WRCと2X4の混構造の計算ができる。しかし、まだ開発途上のプログラムだ。
小規模建築の設計を行っている人にとって、RC造とS造の設計は必須のアイテムだ。いきなり混構造ではなく、RC造だけ、S造だけの設計を経験し、その後に混構造を設計すると良い。
posted by TASS設計室 at 14:45| 構造設計