2017年09月30日

年間コストの削減

構造計算プログラムを20本使っていると、けっこう保守費用がかかる。
年会費として納めるものを見直すことにするが、年会費 60,000.の日本ツーバイフォー建築協会は退会する。
会員であるメリットを感じない。
BUS-6/BUS-5が主力なので、SS-3はSS-7にバージョンアップせず放置する。
midas iGen, eGen は、次第に使用頻度を上げてゆく。
混構造の下部構造(RC造/S造)の構造計算はBUS-6を使うことが最も適している。
2x4構造の構造計算は東京デンコーの「2x4壁式」の右に出るものはない。
木造軸組工法の計算は構造システムの「HOUSE-ST1」が良くできている。
posted by TASS設計室 at 16:27| 日記