2017年09月29日

中途半端な地下室

地下車庫や地下室などで、半地下の建物を計画する場合、その部分を壁式鉄筋コンクリート造にすると分かりやすいが、深基礎的な設計を行うこともある。
地下車庫や地下室は建築としての用途が発生するので「階」とみなされ、構造規定の適用を受ける。
深基礎として設計し、2.5Aw+0.7Ac というルート判別だけで済ませることもある。このあたりがグレーゾーンだ。
posted by TASS設計室 at 02:08| 木造の構造計算