2016年11月28日

建築の基本は構造力学

どのような構造の建物を設計するにしても、基本は構造力学だろう。
力学が体感できなければ、設計できないに違いない。
木造2階建ての設計でも、そこから始まる。
基礎の設計の需要があり、壁量計算に続いて、自分で計算する人が増えているようだ。
そのためのツールも、シェアウェアやフリーソフトとして出回っているので、それらの様子を見ている。
posted by TASS設計室 at 11:04| 閑話休題