2016年04月17日

新しい2x4工法の構造計算プログラム

誰か、新しい2x4工法の構造計算プログラムを開発しないだろうか。
壁式構造なので、WRC、2x4、スチールハウス共通の部分もある。
・枠組壁工法建築物構造計算指針(2007年)の計算例
・kizukuri-2x4
・2x4壁式
・?
という変遷があるが、次のプログラムは、どのような仕様になるか楽しみである。
今さら開口部の両端にも通り芯を設定するプログラムに戻ることもないので、2x4壁式から逆行することはないだろう。現在の主力の 2x4壁式 と 枠組壁工法建築物構造計算指針(2007年)の計算例との違いを整合させることも必要だろう。
スチールハウスの計算で、新しい知見を取り入れることも考えられる。
木造建築やスチールハウスには、アルミニウム合金を取り入れることもできる。部材の重量を考えると、鉄骨を組合わせるよりも、アルミニウム合金を組合わせるほうがバランスが良いと考えている。
posted by TASS設計室 at 19:08| コンピュータ