2015年04月10日

崖、道路、ブロック塀

 選挙の宣伝カーに乗り、横浜市南区内を殆んど全て走った。
車が入ることができる所だけ走ったが、42条2項道路、43条但し書き道路の取り扱いの強化が必要であることを実感した。
建物は新しくなっても、道路は狭いままである。狭隘道路(きょうあいどうろ)に指定されている道路は、拡幅整備が行われるが、その他は拡幅されていない。こんなことでは、火災時に消防活動ができない。

 ブロック塀もいたるところにあり、地震時に転倒したら人災につながる。これも強制力をもって撤去あるいは安全な塀に築造替えを勧める法制化の強化が必要である。

 崖地対策も必要であり、高さ3mを超える崖や既存不適格擁壁の撤去や築造替えを誘導することが急務である。ところが、道路と崖はセットになっており、狭い道路が延々と続く所に崖や既存不適格擁壁が存在し、築造替えもままならない状況である。

 42条2項道路に面している家は、素直に道路後退すれば良いのだが、建物の新築後に道路後退せずにブロック塀を築造する人が後を絶たない。こんなことでは、何十年経っても道路が拡幅されず、消防車が入らない地域が多く存在することになる。

 そこで考えられたのが、街の不燃化である。木造2階建てや3階建てでも耐火構造とし、耐火性能を強化する施策が条例化された。道路が狭く、大型の建設機械が入らない場所に建てる耐火構造のため、2x4工法の耐火構造の出番になる。しかし、地震の後にやってくる火事に対して効果を高めるには、スタッドの寸法を、しっかりと釘が打てる巾にしなければならない。38mmという見付け幅では心もとない。2x4 ではなく 3x4 が理想だが、2.5x4 という規格のスタッドがほしくなる。


posted by TASS設計室 at 07:11| 木造住宅