2014年12月11日

斜面地の4号建築

 珍しく木造の4号建築の確認申請を含む設計の仕事が入って来たと思ったら、斜面地の建物のようである。
まだ概要を聞いただけで、敷地の図面は受け取っていないが、航空写真やストリートビューで見たところ、斜面の処理が必要になることが分かった。
 宅地造成規制区域なので、造成工事にならぬよう高基礎として設計することになる。そこで1つ問題が発生する可能性がある。平均地盤が出て来るので、高さが納まるかどうか心配である。

posted by TASS設計室 at 20:37| 木造住宅