2014年11月15日

木造の業界は、やることがない

 木造の業界は、やることがないのだろうか。
4号建築の特例の廃止を拒む業界が、耐震等級2や3を取るとか、耐震性の向上ということを言っているのを聞くと、笑ってしまう。

 木造の業界には構造設計者が不在である。技術の中枢の部署には、何人かの構造設計者はいるものの、木造オンリーの技術者が大多数である。
木造建築は、構造計画や構造設計は行ってきたものの、構造計算や構造解析とは無縁の世界から始まっている。木造の設計を行う前に、RC/SRC/S造を学び、それらを基礎として木造の構造設計を行うのである。

posted by TASS設計室 at 09:18| 木造住宅