2023年02月11日

2x4工法の保有水平耐力計算

ある程度の大きさになると4階建てが可能になるが、塔状比2.5が限界で、混構造にするかどうかの分岐点である。塔状比が2になると、短期荷重時の接地圧がけっこう大きくなる。
平面の短辺と長辺の比が1:1〜1:1.5の正方形に近い矩形で基準階の面積が50〜80uくらいあれば、4階建ての設計ができる。
それよりも規模が小さければ、混構造にするか鉄骨造にする。
全階をWRCにするより、WRC+木造3層のほうが木造専業の小規模な建設会社に適している。
使用する構造計算プログラムは
@2x4壁式3(東京デンコー)
A木三郎4(東京デンコー)
BBUS-6(構造システム)
2x4工法の保有水平耐力計算が出来れば、設計の範囲が広がる。
軸組工法の4階の計算に kizukuri を使う人が多いらしいが、せっかく設計の選択肢が広がったのに、壁倍率7倍を上限にしたり、ダブル壁にすることはないだろう。
120角の柱で4階建てが建つのだから、やってみるとよい。
posted by TASS設計室 at 20:18| 2x4工法

構造設計者が少ない理由

構造設計者が少ない理由は何だろう。
昔から構造離れはあり、ゼネコンでは構造設計課から現場に異動した人は多い。それはそれでゼネコンでは優秀な現場監督で、作業所長になった人も多い。現場では仮設から構造的センスが要求される。
建築士の試験で基礎的なことはクリアしているので、そこまでの基礎学力があれば専門書を理解することができると思うが、次第に構造から離れてしまう人がいる。

そもそも、構造設計には資格が必要なく、無資格や二級建築士がビルやマンションの構造設計を行っていた。代表となる意匠設計者のハンコで確認申請を出すことができた。
現実に仕事は出来るが無資格や二級建築士の構造設計者を知っており、手伝ってもらったことがある。僕より経験豊富で安心できた。

現在は木造の構造設計という分野が出てきたので、木造の意匠設計者が構造計算を行うようになった。RC造やS造の構造設計や構造計算を経験せず、いきなり木造の構造計算を始めている。
そこから少しずつ学び、RC造やS造の構造計算を行うようになった人もいるが、多くは木造の許容応力度計算で停滞している。だから木造4階が進まない。
RC造とS造をしっかり学んでおけば、その後は興味次第で好きなようにすればよいだけである。

理学部数学科、物理学科の卒業生を建築構造に引き込んだらよいと思う。
昔、現場で設備のサブコンの責任者に物理学科の出身者がいた。現場の副所長と僕も彼と同じ出身校なので、先輩と呼んでいた。構造計算プログラムの開発元には数学科出身がいる。
建築 = 造形、というのも良いが、建築 = 工学 でもある。
土木学科の出身の人は、構造力学をよく学んでいる人がいる。そのことを話したら「土木は、そのくらいしか勉強することがない」と彼は言った。

posted by TASS設計室 at 11:13| 日記

構造計算は何から手をつけるか

構造計算を行うとき、何から手をつけるだろう。
@荷重拾い
A二次部材の計算
B一貫計算
エスキースの段階で計算するので、僕は荷重拾いや二次部材は大雑把に想定し、いきなりBでアタリをつける。
意匠図が出来上がってきてから@とAをまとめ、Bに戻る。
自分で意匠設計も行う場合は、@はメモ程度にして、AとBは平行作業にする。意匠図が出来たら、構造設計は終わったようなものである。
構造図を自動作図する場合は、計算結果が直ぐに構造図になるので、計算→構造図→意匠図の順である。
計算作業はBUS-6とKT-SUBを立ち上げておき、行ったり来たりする。
複雑な形状の場合は、小梁の計算も一貫計算に入れてしまうことがある。両端をピン接合にして任意の軸に配置する。このようにすると、荷重拾いの煩わしさがない。
小梁に対する積載荷重は大梁とスラブの平均にすることもある。
posted by TASS設計室 at 09:52| 構造設計