2022年10月08日

1か月様子を見ていた

考え方を示して1か月間様子を見ることにした計画がある。何が良いか分からない意匠設計で、コストがかかりすぎて設計の見直しを行っている。
図面を描かない意匠設計者と仲介している設計事務所、その下請けの作図と申請を担当する事務所が関与しているが、そこが依頼した構造設計者は脱落した。
客は図面を描かない意匠設計者が気に入っているそうだが、僕はその設計者を外せと言った。
結論が出る頃だが、どんな計画が出てくるか楽しみだ。
posted by TASS設計室 at 11:48| 木造の構造計算

瞬時にダメと分かる計画

建物のボリュームを示す参考図が送られてきたが、一瞥してダメと分かる計画である。
実施設計では、そんな計画は見直される。これは別案を出させるために敢えて没になる計画を示したに違いない。
現地に行かなくても、航空写真とストリートビューで周囲の状況が分かる。
posted by TASS設計室 at 08:56| 閑話休題