2022年08月28日

反曲点高比0.5

2x4工法の構造計算で、反曲点高比0.5について議論することが必要だ。水平力に対する応力計算は行うが、マグサの断面算定は両端ピンで行っている。マグサの端部のディテールは、どう見てもピンである。側根太など、胴差に相当する部材が通し梁になっているなら、その部材が許容するモーメントを負担できる。
このあたりを設計方針に書くことにする。
2x4工法は、ダブルスタンダードにしたらよいと思っている。
壁式鉄筋コンクリート造は日本建築学会と日本建築センターの2つの規準が存在し、実務では日本建築センターの『壁式鉄筋コンクリート造設計施工指針』を採用することが多い。
2x4工法も、そのようにしないと進歩しない。木造の規模拡大を望むなら、鉄骨との併用を指針に盛り込むことを考えたほうがよい。木造の研究者が鉄骨のことを考えるのではなく、鉄骨造の研究者に木造を加えてもらうほうが話しが進むのではないかと思う。

posted by TASS設計室 at 22:23| 2x4工法

木造を普及させたいなら・・・・・

中規模木造を普及させたいなら、kizukuri や kizukuri-2x4 しか使えない木造専業の構造設計者のレベルアップが必要だ。
4階建て以上になると、構造計算ルートが軸組工法ではルート2あるいはルート3、2x4工法ではルート3が要求される。構造設計一級建築士の資格を持たない場合は、同資格を持つ人にハンコを押してもらえばよい。その際の費用は、適判の判定費用程度、構造設計のコンサル費用としては、構造設計料の30%が目安である。

木造は軸組工法よりも2x4工法のほうが設計の自由度が高い。「2x4壁式」が使えるようになると、中規模木造建築の設計ができるようになる。
「2x4壁式」は普通の構造計算プログラムであるため、kizukuri あるいは kizukuri-2x4 から構造計算に取り組んできた人には、越えなければならないハードルがある。
先ず、シンプルな形状のRC造3〜5階、S造3〜5階の計算を手計算で行うことから始めることである。その規模の構造計算例は、参考書に載っている。

木造の骨組はプレカット業者が行うことが一般的だが、その会社に構造設計技術者がいることが必須である。社内に人材がいない場合は、構造の分かる中心人物を構造担当として決めた上で、顧問や協力事務所を集めることになる。
posted by TASS設計室 at 19:32| 構造設計

鉄骨造はディテールを知らないと設計できない

縮尺 1/200 の図面でも、頭の中は原寸である。
特に鉄骨造の場合は詳細設計に慣れないと設計できない。逆に言うと、ディテールが分かれば設計できる。
都会は狭小地の建物が多いので、仮設工事も理解して基本設計を行う。RC造は設計できても、鉄骨造の設計が苦手な意匠設計者は少なくない。たから鉄骨系プレファブが注目される。
1/200の図面を、どんどん拡大していって、最後は1/1になる。
posted by TASS設計室 at 16:54| 閑話休題

最後のまとめはエクセルで計算

何でも電算で処理すると、不経済な設計になることがある。
電算の結果が気に入らないので、昔ながらの方法で計算し直したら、納得できる結論になった。
その作業に2日かかった。
posted by TASS設計室 at 15:40| 構造設計

意匠設計

僕は時々意匠設計を行うが、構造計画と法規チェック、役所の様々な部署との協議が主な仕事である。
斜面地のRC造7階建てである。日影図を作成し、建物の再大ボリュームのチェックを行った。次第に基本計画がまとまりつつある。
構造設計主動で、意匠設計者にはお化粧の部分を任せる。設備設計は設備施工会社を先に決め、施工に直結した設備設計とする。こんな方法は、丸ごと意匠設計事務所に設計を依頼するより設計料の総額が下がり、工事費を睨みながら設計できる。こんなやり方が増えてきた。
posted by TASS設計室 at 12:48| 閑話休題

RC/SRC/Sの一貫計算プログラムに木造が加わる

木造ビル建築普及するとRC/SRC/Sの一貫計算プログラムに木造が加わる。
木造の応力解析は鉄骨造と似たようなもので、下層階はRCにすることが多いので、RC/SRC/S/Wの一貫計算プログラムの需要はあるだろう。
posted by TASS設計室 at 05:21| コンピュータ