2022年07月07日

木造4階の計画を諦める

木造4階の計画は諦めるほうが良いのではありませんか。
無理して4階にするよりも、木造は3階建て+小屋裏利用ですね。
鉄骨造よりコストがかかることが分ったら、木造のメリットはない。
立地条件が悪く、クレーンが入らない場所なら、2x4工法の4階建てを考えてもよい。
21mmの石膏ボードを大量に担ぎ上げるのは大変だ。
posted by TASS設計室 at 16:25| 木造の構造計算

ご協力お願いします

                          2022年7月7日
JSCA正会員各位
                一般社団法人 日本建築構造技術者協会
                          会長 常木 康弘

 JSCA建築構造士認定試験 受験のお願いと受験者勧誘のお願い

JSCAの活動に、日ごろからご協力いただきましてありがとうございます。
「JSCA建築構造士」の認定試験につきましては、本年度も引き続き
新型コロナ対策を行って実施する予定です。
既に「JSCA建築構造士」の認定試験の受験申し込み受け付けを開始して
おります。申し込み締め切りは7月26日です。

試験会場は従来通り東京、大阪に、札幌、名古屋、福岡の5会場にて
認定試験を行う予定としています。

JSCA建築構造士は、幅広い見識と高い倫理観を持ち、構造計画の立案から
実施設計、構造に関する工事監理に至る全てのプロセスを実施できるのみ
ならず、コミュニケーション能力を駆使して様々なプロジェクトの統括も
できる構造エンジニアと位置づけており、社会から一定の評価を得ています。
今後も引き続き、JSCA建築構造士のブランド力を高めて社会から高い信頼
を得るための活動に注力していきます。

本年6月1日時点で、正会員3,606名の内、1,464名の方々がJSCA建築構造士
資格を保有しておられますが、特に最近入会された方々を中心に、未取得
の方が多くおられます。構造設計一級建築士で、JSCA建築構造士資格を
未取得の方は、認定試験を受験していただき、JSCA建築構造士資格を取得
していただきますようお願いいたします。

未入会の方でも、JSCA建築構造士資格認定試験合格後に入会して
いただければ、資格取得も可能ですので、周りのお知り合いで未入会の
構造設計一級建築士の方々にも、受験をお勧めいただければ幸いです。

2022年度JSCA建築構造士認定試験 実施要項・申込書等は下記のURLに
掲載してあります。

https://www.jsca.or.jp/vol5/p1_4_as_eng/for_becoming_se.php

会員の皆様のご協力をお願いいたします。

(参考)JSCA建築構造士について(PDF)
https://www.jsca.or.jp/vol5/p4/201811_jsca_kozoshi_leaf.pdf

                              以上

※本メールはJSCA建築構造士、名誉構造士の方にもお送りしております。
 周りのお知り合いの構造設計一級建築士の方々にも、
 受験をお勧めいただければ幸いです。

=====================================
一般社団法人日本建築構造技術者協会 事務局
E-MAIL info@jsca.or.jp
=====================================
posted by TASS設計室 at 14:05| 構造設計