2020年02月24日

賞味期限切れの構造計算プログラム

DAPのようにサポートが終了した構造計算プログラム、壁麻呂のようにバージョンアップする気にならず、保守契約を中断したものもある。
BUS-6を使っているので、SS-3はバージョンアップしていない。
東京デンコーのプログラムは、使いにくいところがある。エラーメッセージで部材の位置を示す際、X方向何番目、Y方向何番目という表現である。通り名で表現してもらいたい。通り芯を付ける際X方向、Y方向で通し番号にすればよいが、座標を分割すると、通し番号が崩れてしまう。主要な壁のある通りをX1,X2などとするので、その中間はX1a,X1bなどとしている。
2x4工法の計算を行う際に使い物になるプログラムは「2x4壁式3」だけだが、中高層木造建築が衰退すると必要がなくなるプログラムである。このプログラムは、壁麻呂から発展したものなので、壁式構造を統合したら良いと思う。WRCの4階で設計を始め、様子を見ながら2〜4階を2x4工法に変更することもできる。2x4工法の3階で計画したが、それをWRCに変更したいこともある。2x4壁式3は、混構造の計算はできるが、WRCだけの計算ができない。しかも壁麻呂とデータの互換性もない。壁式診断も別のデータになる。
構造システムのBUS-6とDOC-RC/SRC、DOC-Sのように、共通のデータで計算できるものは便利だ。耐震診断として計算を始めたが、新築の場合はどうなるか計算してみたいこともある。そんな時に共通のデータは助かる。
posted by TASS設計室 at 13:54| 構造設計