2019年10月15日

構造計算データの節点数

構造計算データを入力していたら、データを追加できなくなってしまった。
しばらく試行錯誤し気づいた。
初期設定を10,000節点にしていたが、それが少ないことが分かり、20,000節点にしたところ、データを追加することができた。
久しぶりに 10,000節点を超える建物である。
こんなことを意識せず、コンピュータの能力の許す限り、扱えるプログラムもあるが、最初に設定するほうが、計算時間を短縮できるのかもしれない。
posted by TASS設計室 at 21:09| 構造設計

2019年10月04日

台風で屋根が飛んだ建物の修理

台風で屋根が飛んだ建物の修理がきっかけで、耐震補強を行う建物がある。
木造2階建て、延べ床面積約60坪の建物で、用途は調剤薬局ある。
とりあえず、屋根にブルーシートをかけて営業している。
建て替えの意見も出たが、仮店舗も必要になる。
面積に余裕があるので、建物を半分ずつ工事する案を提示したところ、その方針が受け入れられた。
まず最初にやらなければならないことは、屋根の工事である。野地板を張り替え、バルバリウム鋼板の屋根を葺く。下地を見て、必要な部分を補強する。次は建物を左右に分け、中央に仮間仕切りを設け、右側の工事を行う。
左側にトイレや階段があるので、工事中はそれらを使用する。
右側の工事を行う際、右側のエリアに新規にトイレや階段を作り、調剤薬局としての機能を満たす部分を慢性させる。右側が使えるようになったら、左側の工事を行う。
このような方針なら、薬局を営業したまま工事ができる。
構造設計だけではなく、意匠設計も自分で行う。現状の図面は、施工会社の建築士に作成してもらう。
施工は、優秀な棟梁を2人抱えている工務店に勝手に決めた。建物の所有者も異存はないと思う。長津田で初顔合わせ、次は葉山の工事で、彼らの腕前を拝見している。

posted by TASS設計室 at 17:25| 木造の構造計算