2019年04月22日

設計は幾何学

設計は幾何学である。
平面図を見ても、頭の中に立体が描けるのが設計者である。
意匠図で矩計図を作成するときは、平面・立面・断面を同じ紙面に描くと良い。
鉄骨造の建物の外装の図面を作成するときは、特に、このような図面を作成する。
建物を下から上まで、平面・立面・断面の詳細を描くが、その時には構造詳細も描くことになる。
構造詳細が描けないから矩計図を描くことが苦手なのではないだろうか。
鉄骨造の設計で、スキルの差が分かる。
posted by TASS設計室 at 16:42| 閑話休題