2018年10月01日

台風でメガソーラーが飛んだことだろう

メガソーラーは建築基準法上の工作物に該当しないので、架台の構造設計に関しても、経済産業省の電力安全課が審査を行う。審査ができる担当者が各支所にいるが、電気設備の一部であるため、設計者は無資格の人が多い。
構造力学のできない人が設計しているため、技官との話しにも支障をきたしている。
現場は造成工事を行うため、土木の施工管理者が現場を担当する。

建築基準法を適用しないが、構造体の設計には鋼構造設計規準や基礎構造設計指針など、建築に関する規準が適用される。しかし、単なる許容応力度設計であるため、建築物の構造関係技術基準解説書は適用しなくても良い。
アルミニウムが使われるので、材料の許容応力度に関しては、アルミ規準を適用する。
つぎはぎだらけの設計規準だが、外力は JIS C 8955 で定義されるので、いちおう体裁は整っている。

一つ一つの規模は小さいが、全体の面積が1km2 もあるものも少なくないので、構造設計に関して、それなりの資格を持つ設計者が関与することが必要ではないだろうか。
設計基準を甘くしたいなら、畜舎の設計に適用する告示474号のような緩和基準を作ることだろう。畜産業界が主導して作られた告示だが、これは良くできている。
植物工場にも適用したいくらいだ。肉は良くて、野菜は駄目なのか、と話したことがある。
植物工場の栽培棚に関しては JIS で規準が定められており、建築物に該当しない。

posted by TASS設計室 at 14:51| 構造設計