2018年04月28日

月間建築技術の壁式鉄筋コンクリート造の特集記事

月間建築技術の壁式鉄筋コンクリート造の特集記事は、断片的な知識をつなぎ合わせるには最適な記事である。ここに書かれている知見は、壁式鉄筋コンクリート造に限らず、2x4工法やスチールハウスにも応用できる。
もっとも、2x4工法の応力計算は、壁式鉄筋コンクリート造の計算そのものである。ところが、2x4工法のマグサの端部の応力に対する断面検定は行われていない。上からの押さえ効果があるから、マグサ端部のモーメントは処理できるそうだが、それは壁式鉄筋コンクリート造でも同じだ。
スチールハウスの構造計算は2x4工法と同様の方法だが、壁の反曲点高比は 1.0 としている。スチールハウスは、標準せん断力係数を 0.3 としているので、2x4工法の3倍の水平力になる。
スチールハウスは鉄を使うから鉄骨造で、鉄骨造のルート1は標準せん断力係数が0.3だから0.3を採用するそうだ。2x4工法と大して変わらないのに、こんなにも違う。
大きな違いとしては、耐力壁の靭性ではないかと考えている。薄板にビス止めは、強度の高いビスを使えば、せん断強度は上がるが、地震で繰り返し力が加えられると、穴が広がって耐力が下がることは想像に難くない。スチールハウスは、保有水平耐力計算には適さない。耐力壁の靭性を高め、Ds=0.3以下で計算出来ないものだろうか。塑性率の高い壁を考えると良い。

posted by TASS設計室 at 18:59| 閑話休題