2018年04月17日

細い・安い・強い

吉野家の牛丼は『早い・安い・美味い』だが、特に軽量鉄骨造は『細い・安い・強い』を追求する。
解析技術が進めば進むほど、精度の良い計算ができるが、そのモデル化を理解して判断したい。
フレームの解析は分かりやすいが、面材の解析は難しい。2x4工法やスチールハウスの設計では、壁式構造、フラットスラブ、マットスラブ、ボイドスラブなどを参考にしてFEMで解析すると良いかもしれない。
ボイドスラブで有名な会社とスチールハウスの構造設計には接点がある。それに気づいている人は、何人いるだろう。
posted by TASS設計室 at 11:30| 構造設計