2018年04月04日

木造の構造計算指針は両極端

木造の構造計算指針の難易度は両極端である。
CLT構造は難しくしすぎる。もっと単純化しないと設計する気にならない。CLTの値段が高いので、設計の機会がない。住宅メーカーが採算度外視で建てるかもしれないが、当方には縁がない。
その反面、枠組壁工法建築物構造計算指針では、条件付きではあるが、相変わらず水平構面の計算を省いている。
地震時の応力計算でも、反曲点高比を0.5としているが、応力図とマグサ端部の検討と辻褄が合わないことが放置されている。
2x4工法に倣ったスチールハウスも同様であり、二世代前の指針に倣って計算することもない。
これは、各工法の技術者の横のつながりが希薄であることから起きていることではないかと考えている。
木造軸組工法は、施工件数が多いため、まとまりが良い。この知見を学ぶと良い。

posted by TASS設計室 at 10:58| 木造の構造計算

混構造の計算に使えるプログラム

混構造の計算に使えるプログラムは、次のものである。
上部構造 2x4壁式
下部構造 BUS-6、HOUSE-WL
WRCで、保有水平耐力まで計算できるプログラムは、壁麻呂しか持っていないので、ルート3になったらラーメンにしてBUS-6を使う。あるいは、保有耐力時の水平力を、短期許容応力度で満足してしまう計算もある。DsをCoに置き換えて、終局時の応力を短期許容応力度で満足する計算を行う。
SS-3では、混構造の計算を行ったことがないが、SS-3もBUS-6と同様に計算可能と思う。
2x4壁式は、混構造に対応しているが、機能不足のため、改善されるのを待っている。
そのポイントは、特殊梁荷重の入力が、地震時の正負加力に対応しているかどうかである。
posted by TASS設計室 at 10:14| コンピュータ

覚える勉強は定着しない

覚える勉強は頭に定着しないので、実感として理解するとよい。
その際は画像やイメージとして記憶に残すことであり、言葉で記憶するものではない。
イメージが記憶にあれば、それを言葉にすることは容易である。
元予備校講師として、そんなことを実感している。
posted by TASS設計室 at 08:11| 建築士