2018年04月03日

コーン破壊の検討

木造やスチールハウスの引抜金物を検討する際に、コーン破壊の検討を行う必要がある。基礎梁の幅とアンカーボルトの位置と定着長さで決まるので、自動的に計算できる。この程度の計算は、基礎の計算プログラムに組み入れたらどうだろう。
posted by TASS設計室 at 23:31| 木造の構造計算

混構造の計算に対応したプログラム

下部構造をRC/Sとする混構造の計算に対応したプログラムは、自分が所有するものでは BUS-6 と SS-3 である。2x4工法は大規模木造に適しているが、混構造になると、極端に難しくなる。1〜2階をWRC、3〜6階を2x4工法という建物もあるが、機能的に2x4壁式だけでは完結しないと思われる。WRC造は壁麻呂そのものなので、壁麻呂を引っ張り出して計算しているが、追加を望みたい機能が1つある。
耐力壁の端部の、地震時の正負加力時の圧縮力と引張力を、耐力壁を受ける梁に対する荷重として考慮したい。短期荷重時および終局時の両方に対応したものを望むが、短期に対応することができれば、終局時は容易だろう。ここまで出来ないと、混構造の計算には使えない。

下部構造をRC造/S造またはWRC造とする場合の上部構造は、軸組工法・2x4工法・スチールハウス・軽量鉄骨造・ログハウスを想定する。
BUS-6は特殊な使い方が可能であり、上部が軽量鉄骨造の場合には、全体をひとまとめにして計算することができる。2x4壁式は、形式上は下部WRC造、上部2x4工法という計算はできるが、短期荷重時および終局時の受け梁の計算に関して機能不足と思われるところがある。裏技的な使い方があれば良いが、開発者に教えてもらいたいところである。


posted by TASS設計室 at 23:27| 構造設計

SRCの設計経験者が少ない

高さ20mを超える建物でも、RCで設計することが多くなり、SRCを設計することが少なくなった。
ところが、耐震診断や耐震改修には、SRC造が多く存在する。SRC造を設計したことのある構造設計者は少なくなり、SRCの設計の経験のない人が耐震診断を行うことが増えている。
posted by TASS設計室 at 22:44| 構造設計

壁麻呂、歌麿、公麿

壁式鉄筋コンクリート造の構造計算プログラムの元祖は、東京デンコーの『壁麻呂』だが、何で『壁麻呂』か聞いてみたい。
母ちゃんは歌麿で、父ちゃんは公麿、苗字は綾小路かもしれない。
『綾小路 壁麻呂』なかなか良い響きだ。
posted by TASS設計室 at 12:33| 閑話休題

混構造の受け梁の計算

1階をRC造またはS造とし、上階を木造とする混構造は、次のように計算する。
木造の耐力壁の下には、必ずRCまたはSの梁を設ける。
・木造を計算する
・RC造を計算する
・層重量を求めてAi分布を計算する
・求めたAi分布を使って木造を計算する
・長期軸力および短期軸力をRCまたはSの梁に特殊荷重として加えてRC造の計算を行う

上部木造の耐力壁の直下に大梁を配置しないと、梁に対する特殊荷重を入力することができないので、必ず耐力壁の直下には大梁を配置する。
大梁を配置しただけでは、短期荷重時の計算を行うことができないので、梁の上に特殊荷重を配置する。
木造とRC造の通り芯を一致させる。RCの柱や梁は、通り芯からの寄り寸法を入力すると、データとして分かりやすい。
このような計算ができるのは、BUS−6などのプログラムしかなく、上階の荷重を拾い出して、エクセルで準備した上で入力する。
耐力壁の端部の短期荷重は、正加力と負加力で反転するので、荷重の向きを考慮して入力する。正加力で入力すると、負加力時は、自動的に符合が反転する。



posted by TASS設計室 at 01:07| 木造の構造計算