2018年03月31日

住宅から施設系の建築へ

木造建築は、住宅から施設系の建築に規模を拡大している。
建物全体の面積が大きくなることよりも、スパンが大きくなることのほうが難しい。
平面的に異種構造を組合わせる試みも行われているが、そのようなことはRC/SRC/Sでは当たり前のように行われてきた。木造が含まれると、極端に平面的な異種構造に対して消極的になる。
スパンの大きな部分に鉄骨を使うことや、ラーメン架構に鉄骨を使うことも考えられる。
積極的に併用構造を採用することで、木造建築の可能性が広がるのである。

posted by TASS設計室 at 22:09| 木造の構造計算

ケミカルアンカーを新築で使えるようにする

建築基準法の改正に向けて、2回目の意見募集が始まった。今回は2か月間の時間がある。
平成19年の改正では、ケミカルアンカーを新築に使うことが議論されたが、実現しなかった。エポキシ樹脂を使うため、火災に弱いことが欠点とされている。
日本人は、反対意見を出すことに関しては天下一品の能力があり、何でも潰すが、海外、特に欧米の規準には従順である。
耐震改修工事では、ケミカルアンカーを使うことが認められている。耐震診断は1968年の日米共同研究から始まっている。
日本建築学会の設計規準から逸脱したものでも、告示化することで認められているものもある。木材に関するものは、北米からの外圧が強い。
鋼材や鉄骨に関しては、JIS規格による非関税障壁があることで、日本の製品が守られているが、中国にはJIS規格の認定工場がある。北米のASTM規格の鋼材を日本で使おうとすると、手続きが難しい。ところが、アルミニウムはJIS, ASTM, DIN の規格が統一されているので、容易に海外の材料を使うことができる。
現状では、ケミカルアンカーやメカニカルアンカーを新築に使うことがある。設計者の責任と判断で使う。メカニカルアンカーは認める行政機関もあれば、認めない行政機関もある。
技術的に確立したものなので、使い方を制限することで、使うことを認めても良いのではないだろうか。
posted by TASS設計室 at 17:52| 構造設計