2018年03月30日

スチールハウスは、ボタンの掛け違い

スチールハウスは、ボタンの掛け違いをしている。
木造枠組壁工法のスタッドを薄板軽量形鋼に置き換えたに過ぎないが、鉄骨造として扱われる。きわめて特殊な鉄骨造だが、荷重や応力は2x4工法と変わらない。
木造軸組工法に対して軽量鉄骨造があるが、これは骨組みが木造軸組工法と変わらない。柱脚の検討を詳細に行うと、柱形を設けないと成り立たない。肉厚6mm以下の小さな断面だが、鉄骨造と分類して不思議はない。

スチールハウスは枠組壁工法であると宣言してしまえば良い。
スチールハウスは鉄鋼メーカーが始めたので、鉄骨造に分類されるが、内装間仕切りに使う軽鉄で建物を構成しているようなものなので、『なんちゃって鉄骨造』だろう。それを偉そうに鉄骨造だと言うこともない。
施工方法は2x4工法と瓜二つで、2x4工法の床根太や垂木に薄板軽量形鋼を使うこともできる。鉄鋼メーカーは、何にでも使えさえすれば使用量が増えるので、2x4工法にも売り込んだのだろう。だから緑本に記載されている。そもそも、小梁や床は、好きなものを使えば良い。RC造の建物にデッキプレートの床を使うこともある。

軽量鉄骨造に構造用合板の耐力壁を使っても悪くない。
重量鉄骨造に構造用合板やCLTの耐力壁という構造も考えられる。

posted by TASS設計室 at 20:08| 構造設計

基礎の計算プログラム

木造住宅の基礎の計算プログラムの需要がある。
荷重や応力を意識させずに配筋を求めることを目標とする。

偏心率を計算せずに、偏心を検討するために、4分割法が考案された。
N値法は、応力計算を行わずに、引き抜き金物を求めることができる。
スパン表では、床根太や梁断面を、計算せずに求めることができる。
構造力学を意識しなくても、建物の安全性が確保できる。

しかし、こんなことで良いのだろうか。
posted by TASS設計室 at 18:29| 木造の構造計算

木造構造設計建築士

木造構造設計建築士という資格があっても良いのではないだろうか。
木造建築士・二級建築士・一級建築士が受験できる資格で、軸組工法と枠組壁工法を選択できるようにする。選択した場合は限定免許になる。作図や計算の試験も行う。
基礎の設計は必須とし、べた基礎・布基礎・独立基礎を範囲に含める。
資格を創設すると勉強するようになるのではないかと思う。
事務所にFAXが来ていたが、伝統工法の新発売の資格だった。
posted by TASS設計室 at 14:14| 建築士