2018年03月25日

枠組壁工法建築物 構造計算指針 改定版はまだ出ない

枠組壁工法建築物 構造計算指針 改定版はまだ出ない
軸組工法は2017年版が出たが、2x4工法は、まだ出ない。ミッドプライウォールやCLTを含めるのだろうか。
6階建てを視野に入れると、杭基礎の計算も出来なくてはならないが、木造の設計者は経験不足な人が多い。小口径鋼管杭ではなく、支持杭あるいは摩擦杭で、杭頭モーメントを基礎梁で処理する計算を行うものである。
しかし、6階建てになったら、鉄骨造でしょう。
6階建ての1〜2階の耐震壁は2時間耐火にしなければならないが、雑壁は1時間耐火で良い。
鉄骨のラーメンなら、柱梁の耐火被覆は2時間耐火になるが、雑壁は1時間耐火にできる。
2x4工法の6階建ては、相当強度の高い壁をコアの部分に使い、耐力壁を少なくする計画にする。
そのようにしないと、2時間耐火の壁が増えて、コストが上昇する。
https://www.bcj.or.jp/publication/images/book_c0/2-1059.pdf
posted by TASS設計室 at 23:12| 2x4工法

大規模木造

大規模木造建築は、PC造のノウハウが利用できる。
ここに接合部のディテールが示されている。
http://www.sendo-shien.jp/25/case/download/jirei13.pdf

何故、大規模木造、木造超高層なのだろう。
集成材が発達し、大断面の集成材が出来るようになったからだろうか。接着剤で固めた木なら、鉄筋や鉄骨を芯にいれた集成材は作れないのだろうか。RC(Reinforced Concrete)ではなく、RW や SRW、SW の可能性もある。
木を生コンのようにドロドロにして、鉄筋を組んだ型枠に流し込むことができたら、柱・梁のブロックをPC工場で製作することができる。床はボックスビームが良さそうだ。
https://www.hro.or.jp/list/forest/research/fpri/rsdayo/10103010101.pdf
posted by TASS設計室 at 08:47| 木造の構造計算