2018年03月18日

困ったときのCFT構造、フラットスラブ

今まで2度、CFT構造を設計した。
1つ目は、柱が6本の10階建て鉄骨造で、1階のみをSRCとしたが、中央の2本の柱を細くしたいという要望があり、CFTの柱にした。軸力が大きいので、角型鋼管の中にコンクリートを充てんした。
避難通路の幅が確保できず、意匠設計は苦労していた。
2つ目は、マンションの耐震補強で、バルコニーの外側にフレームを組んだが、鉄骨だけでは軸方向の変形が大きいため、CFTとした。
まともにCFTの建物を設計したことがく、困ったときのCFTであった。

あと2つ、困ったときのフラットスラブがあった。
1つ目は、移転のため、RC3階建ての建物を引いてきて基礎の上に載せるというものであった。
地盤が良く、直接基礎が可能なので、上下逆転したフラットスラブで基礎を構成した。
2つ目は、斜面に建つマンションのドライエリアの壁にフラットスラブを利用した。支版の部分を他の壁の部分と同じ厚さにしたので、完成してしまえばフラットスラブであることが分からない。
フラットスラブについても、本来の使い方で設計したことがない。
posted by TASS設計室 at 21:54| 構造設計

構造設計を学ぶ順番

構造設計を学ぶ順番
基本中の基本
1.RC造
2.S造
次は実務を行いながら、適当に増えてくる
3.WRC造
4.SRC造
5.補強CB造
6.軽量鉄骨造
このあたりで木造を加える
7.木造軸組工法
8.2x4工法
9.宅地造成の擁壁
10.地下車庫
耐震診断も行うようになる
11.RC/SRC/WRC耐震診断
12.S耐震診断
13.木造耐震診断
上記以外の建築や工作物
14.アルミニウム合金造
15.スチールハウス
16.ゴルフ練習場の鉄塔
17.その他の工作物
18.RM造
こんな感じでメニューを増やすが、基本はRC造とS造に集約される。
これらをしっかりやっておけば、全てに応用できる。
1990年代に木造軸組工法3階建ての構造設計を依頼され、軽量鉄骨造のようなものだと理解して計算した。
その直後に2x4工法3階建てを依頼され、壁式鉄筋コンクリート造のようなものだと思って計算した。
その後、スチールハウスの構造計算を行ったが、2x4工法と同じではないか、なぜ鉄骨造なのかと思った。
補強CB造は、工場の設計で、付属する危険物倉庫の設計から始まった。壁式鉄筋コンクリート造と同様の計算ができる。RM造は、壁式鉄筋コンクリート造そのものだ。
ゴルフ練習場の鉄塔は27m〜45mのものを設計したが、土木の設計者に教えてもらいながら設計した。ネットの張力の計算や風圧時の計算に特徴がある。コンクリート柱の掘っ立て柱が倒れたので、建て替えから始まった。
木造の伝統工法は縁がないし、難しくて手が出ない。これから増えるかもしれないCLT構造も、本を斜め読みしただけである。


posted by TASS設計室 at 00:55| 構造設計