2018年03月17日

鉄骨造のルート1−1と木造のルート1

3階建て、軒高9m、最高高さ13mの範囲では、鉄骨造のルート1-1は木造のルート1と比べて、かなり不利である。
鉄骨造のルート1-1の500uという上限を設けることで、スチールハウスも鉄骨造に準じて500uという制限を受ける。
しかし、木造に関しても、面積の上限を設けても良いのではないかと思う。木造3階、軒高9m、最高高さ13mなら、面積の上限なしということは如何なものだろうか。
posted by TASS設計室 at 02:30| 構造設計

緑本の改定とミッドプライウォール

緑本が改定されるという話しが前々から出ているが、検索しても出てこない。何が改定されるか分からない。
しかし、ミッドプライウォールは、構造計算方プログラムで計算できるようになった。
ミッドプライウォールの利点は、スタッドの両面に、そのまま石膏ボードを貼ることができることだ。
合板を貼った耐力壁と、合板を貼らない耐力壁が混在すると、壁厚が変わり、建具枠の奥行寸法が変わってしまう。それをミッドプライウォールが解決してくれる。
posted by TASS設計室 at 01:44| 2x4工法