2018年03月15日

木造の構造設計者に不足している経験

木造やスチールハウスの構造設計者に不足している経験は、下記の設計ではないだろうか。
・外部鉄骨階段/外部鉄骨廊下
・地下室/地下車庫/片土圧を受ける建物/防護擁壁
・擁壁/高基礎/深基礎
・混構造(RC造)/混構造(S造)
・杭基礎(杭頭モーメントの処理)
posted by TASS設計室 at 22:03| 木造の構造計算

杭の変更に絡む軽微変更

http://www.bureauveritas.jp/newsletter/101210/20101210-2.pdf

適用の条件に、「部材の強度または耐力が減少しないこと」「許容応力度以下であること」という2つの類似した 表現が多数使われていますが、前者は安全率が低下しない事(検定比の変化が微小であるなど)を、後者は 耐力上の問題がない事(許容応力度以内であるなど)を意味しています。
posted by TASS設計室 at 20:28| 構造設計

耐震性の評価

繁華街に建つワンスパンのRC造のビルの耐震補強だが、両側の隣地側は無開口の壁なので、柱の計算をする際、ある程度の範囲のRC壁を曲げに対して有効とする計算を考えている。奥行方向は十分な壁があるので、スパン方向のみが問題になる。使うことができるあらゆる知見を駆使して計算する。
鉄骨造のビルを連結して耐震強度を上げたこともある。エキスパンションを設けるだけが設計ではない。
分離するよりも、一体化したほうが良い場合もある。

posted by TASS設計室 at 18:10| 構造設計