2018年03月07日

風の便りで聞いた難しい設計

風の便りで、難しい構造設計の話しを聞いた。
鉄骨造2層の上に、2x4工法の4層を載せた建物の構造設計である。
面白そうだが、やりたくない設計だ。地震時の外力は時刻歴応答解析で求め、許容応力度計算にしたほうが良いのだろうか。いずれにしても難しい。
木造では、RCやSRCのように、コンクリートを打って一体化することもできなければ、溶接することもできない。接合部の設計が難しいのは、スチールハウスも同様だ。

posted by TASS設計室 at 20:59| 2x4工法

読書の時間

第28話 近代日本黎明期のアーキテクト
http://femingway.com/?p=3217
posted by TASS設計室 at 17:26| 閑話休題

危険な建物

午前中は危険な建物を見て来た。
1階のテナントが出て、スケルトンになった状態を見たが、明らかに水平力に対する強度が低い。
今なら補強できる。現状の図面がないので、意匠設計者が図面の復元作業から始めることになる。
その図面を利用して構造図に仕立てる。


posted by TASS設計室 at 14:23| 閑話休題