2018年03月03日

構造コストを追及する

構造コストを追及すると、設計規準の壁に突き当たる。
類似する構造形式に関する知見を拡大解釈して判断するが、その判断には幅がある。
事なかれ主義に陥ると、次第にスペックが上がるが、こちらとしては真の値が分からない。
ルート3で計算するが、下層の偏心が上層に及ぼす影響を求めるとなると、立体で振動解析しなければ分からない。Fe による割増しは、偏心が生ずる階のみに適用される。しかし、1階の偏心が大きく、2階以上の階の偏心が小さい場合、2階以上の階に1階の偏心によるねじれの影響が及ぶことが想像できる。
そのうち、何らかの指針が出てくると思うが、別の解析方法が現れるかもしれない。
・許容応力度等計算
・保有耐力計算
・限界耐力計算(使われているのだろうか)
・時刻歴応答解析
今後は時刻歴応答解析に向かう建物が増える気がする。軽い建物で、短期荷重時の外力が風圧で決まる場合でも、時刻歴応答解析を行うらしい。納まりやすそうだが、何か良く分からない。

posted by TASS設計室 at 22:35| 構造設計

木造に類似する構造形式

木造や木造に類似する構造形式
・木造軸組工法
・2x4工法
・スチールハウス
・軽量鉄骨
これらの構造に共通することは、荷重や外力が類似していることであり、基礎の設計が共通している。
優劣つけがたいが、4階建て以上になると、2x4工法が有利になる。
しかし、これらの建物は、ルート1の計算が成り立つ3階建て、軒高9m以下で設計することが妥当である。
しかも、準耐火構造で設計可能な範囲とする。
これらと組合わせる混構造は、RC造が適しているが、耐火構造で混構造にするくらいなら、全てを鉄骨造にしてしまうほうが良い。構造計算ルートは、迷わずルート3にする。保有水平耐力計算を行うが、鉄骨造のラーメン構造なら、難なく設計でき、冷間形成角形鋼管の柱梁耐力比も気にならない。
さて、皆さんは混構造にしますか、木造の耐火構造にしますか、それとも鉄骨造にしますか。
posted by TASS設計室 at 00:45| 構造設計