2018年03月02日

CLT構造とスチールハウス

CLT構造とスチールハウスが関連があるということではない。
どちらも、構造計算指針が良く分からないことが共通している。
CLTは、プレキャストコンクリート造の計算要領と同様に計算し、壁端部の金物の設計を行えば良いと考えている。ところが、指針は難しすぎて、見る気がしない。
スチールハウスは、鉄骨造に分類されるが、枠組壁工法に統一しても良いのではないかと思う。どうみても、鉄骨造とは言い難い。
しかし、両者共に、興味深い構造である。
CLTを使うのは、普通の建物ではもったいない。特殊な形状を面で構成したら良い。デザイナーがチャレンジするかもしれない。あるいは、耐震補強に使うこともできる。軽量で面のせん断耐力が高いことに利用価値がある。
スチールハウスは、重量鉄骨との組合せを考えたい。
posted by TASS設計室 at 21:00| 閑話休題

木造ラーメンフレーム

このところ何年も、木造のラーメンフレームを使った設計を行っていない。
鉄骨ラーメンと木造を、平面的に混用する設計は行った。
その中でも、基礎梁にも鉄骨を使い、アンカーボルトを省いたこともある。基礎をコンパクトに納めるためには、基礎梁も鉄骨にしてしまうほうが良い。
ラーメンフレームは、木造でも鉄骨でも、荷重に対する変形を求めれば同じことであり、接合部は工夫次第で自由に設計できる。鉄骨を嫌わず、うまくつきあうほうが、変化のある建物に適用できる。
木造と組合わせるには、RC造のほうが納まりが良い。アンカーボルトだけで力の伝達ができる。
壁式鉄筋コンクリート造と2x4工法の混構造なら、東京デンコーの『2x4壁式』で計算できる。
しかし、平面的な混構造となると、そうもいかない。別々に計算するか、RCの耐力を木造の耐力壁に置き換え、重量の差を特殊荷重で補正することになる。そんな計算もあり得るが、MIDAS を使ってみるのも良いかもしれない。試験的に計算してみなければ、勘所がつかめないので、今のところ何とも言えない。
posted by TASS設計室 at 01:29| 木造の構造計算

木造建築用の金物

日付が変わったので昨日ということになるが、大阪から金物メーカーの営業担当が来られた。
以前にも会っているが記憶になかった。共通の知人が何人もいることが分かった。
なるべく金物を使わない設計が、無理のない良い設計だと思うが、金物をうまく使うことも設計のうちである。
計算書のアウトプットを渡すから、それで金物の選定を行い、構造図に記載してくれないかとお願いした。
積算や発注にも使える。
横着しているようだが、実際に横着しているが、そのほうが間違いが少なく、無駄な発注や、発注ミスも防ぐことができると思う。金物に合わせて、アンカーボルトの位置も決めてもらえたら申し分ない。
上記のことは、今までの金物の話しだが、新たなアイディアも考えている。
目的は構造躯体の施工の効率化である。大きな耐力の金物を使わないことが、良い構造計画であることに変わりはない。金物メーカーに金物を少なくするような提案をしてしまうことになってしまう。
posted by TASS設計室 at 01:11| 木造住宅