2018年02月27日

大梁を平面的に斜めにかける

意匠図を見ていると、大梁を平面的に斜めにかけたくなる計画がある。大梁を平面的に三角形に組むのである。全てではないが、一部に、そんなことをやってみたい計画だ。
大梁でトラスが形成されるので、水平ブレースが不要になる。
鉄骨造で、デッキプレートを載せる場合は、QLデッキを使い、焼抜き栓溶接を行うので、デッキ下の梁は直交している必要はない。スプライスプレートまわりの加工手間が少々余計にかかるが、難しいものではない。
RCのフラットスラブ構造は、柱を任意の位置に配置できるが、鉄骨造でも平面的に直交しない柱配置もあり得る。フラットスラブは、地上階の床に用いるだけではなく、基礎や土圧を受ける壁にも適用でき、そんな設計を行ったことがある。

posted by TASS設計室 at 23:31| 構造設計

だったら こうしてみたら

「どうせ無理」ではなく「だったら こうしてみたら」
https://www.youtube.com/watch?v=gBumdOWWMhY
posted by TASS設計室 at 13:20| 日記

陣取り合戦的プランニング

木造住宅専業の設計者は、陣取り合戦的プランニングを行う人が多い。1階と2階の主要な壁がズレていることは当たり前で、建売住宅特有のプランニングもあり、複雑に良くまとまっていることに感心する。
ところが、デザイナーズ住宅といわれる建物は、平面計画がスッキリしているものが多い。
普段は事務所ビルや商業ビル、工場などを設計している人が住宅を設計すると、構造計画がしっかりしたプランニングとなっている。
なぜ、陣取り合戦的プランニングになるのだろう。要望事項が整理しきれていないのだと思う。もうひと息だ。
posted by TASS設計室 at 11:24| 木造の構造計算

構造計算のデータ

RC造の構造計算のデータを入力する際、壁芯を基準線として寄り寸法で柱や梁の位置を決める。
この方法が分かりやすいようだ。自分としては、柱芯を設定して計算したい。
骨組の計算は部材の中心で行うが、意匠図と見比べるには、そのほうが分かりやすい。
梁レベルに差がある場合は、低いほうの高さを階とし、逆梁として設定する。

posted by TASS設計室 at 02:48| 構造設計

地震波

地震波として、第二種地盤のTc=0.6秒のsin波を使ったらどうだろうか。
200ガルあるいは1000ガルのsin波で計算することも悪くないような気がする。
国際確認検査センターの柳田氏が執筆された『手計算で解ける やさしい建物の振動』を眺めていたら、そんなことを思いついた。この本はお勧めしたい参考書だ。
コンピュータで計算するなら、名城大学 村田研究室の『SPACE』(フリーソフト)を使わせてもらうと良い。
最近、名古屋に縁があり、時々行くことになる。先輩が岐阜にいるので、協力を頼むことができる。
posted by TASS設計室 at 00:55| 構造設計